通訳案内士メルマガ バックナンバー

通訳案内士メルマガ バックナンバー

この春外国人に見せたいスポットを大発表!

最近は天候が不順ですね。
「春に三日の晴れなし」と言われるそうですから、
これが順当といえば順当なのかもしれませんが、ゲストにとっては
冷たい雨が降ったり暖かくなったりでなにかと大変そうです。
また、ガイドにとっても雨は旅程に対するインパクトが大きいので
出来れば避けたいものですが、こればかりは仕方ないですね。

寒いのももう少し。
早いもので、あと2週間ちょっとでゴールデンウィークです。
トップシーズンはもう少しで終わりなので忙しいガイドさんも
頑張りましょう!

それでは今号の通訳案内士通信をお届けします。

□==============================================================■
 今週のINDEX
■==============================================================□

【1】<通訳案内士総研>「この春、外国人に見せたいスポット」を大発表!

【2】<通訳案内士総研 募集告知>
    Vol.20 ガイドが優待にならない施設は?

【3】求人情報 
・オープンドア 日本の情報を世界に発信する通訳案内士募集 ほか

【4】先週良く読まれた通訳案内士ニュース Pick Up
・バスガイドの虎の巻、京都案内本に 門外不出の内容 ほか

【5】新着サポート情報
・Q. 築地市場のマグロ競りを小さな子供連れで見学することは可能ですか?
   ほか

【6】編集後記 〜Made in Japan〜

■==============================================================□
【1】<通訳案内士総研>「この春、外国人に見せたいスポット」を大発表!
□==============================================================■

第19回のお題は「この春、外国人に見せたいスポット」を皆さんに答えて
頂きました。

やはり桜がメインでしたね。日本人にとって桜はとても特別なのだと
いうことがこの調査からも良く解りました。

では発表します。

頂いたご回答は可能な範囲で原文をそのまま掲載しています。

・姫路城ですね。
 天守閣改修工事が終わり、この春から公開開始したばかりです。

・浅草の伝法院の庭園です。毎年この時期に限定公開されます。
 お庭から五重塔とスカイツリーが並んでみれるのが面白いです。

・江戸東京博物館です。常設展示がこの春にリニューアルしたばかりなので、
 以前にここを訪問された方でも楽しめるのではないでしょうか。

・東京の根津神社のツツジがおすすめです。桜の見頃が終わった頃に、
 ツツジは見頃を迎えるので、桜を見逃した方に楽しんでもらえそうです。

・桜はもちろんですが、個人的には「芝桜」を外国人にお見せしたいです。
 特に、河口湖近くで開催される芝桜まつりは、富士山を背景に本当に
 素晴らしいです。

・この春に限りませんが、上野公園の桜でしょうか。あれだけまとまって
 桜が見れて、かつ周りに色々あるところはそうありません。
 不忍池の屋台も結構外国人には人気です。

ご回答頂いた皆さん、どうもありがとうございました。

なお、今回もガイドサポートの利用券に当選された方にはメールでの
お知らせをもって発表とさせて頂きます。

□==============================================================■
【2】<通訳案内士総研 募集告知>
   Vol.20 ガイドが優待にならない施設は?
■==============================================================□

ガイドがお客様をご案内する際、問題になるのがガイドの入場料です。
かなり多くの場合は業務で同行するガイドの料金は免除になりますが、
中にはガイドの料金もかかってしまい、お客様にご負担をお願いせざるを
得ない場合もあります。業務中のガイドに料金が発生してしまう場合が例外、
という前提で、今回はガイドが優待にならない施設を教えてください。
次号でみなさんにお知らせして、現場でのトラブルを回避したり、施設選びの
参考にして頂けると思います。

回答はコチラから↓
http://www.yamatogokoro.jp/url/guide022_survey.htm

■今回のお題

<1> ガイドが優待にならない施設は?

ゲスト同伴のガイドにも入場料が必要になってしまう施設を教えてください。
現場で困ったことなど、エピソードもあればそれらも添えてご投稿下さい。

いつも通り、メールアドレスを残して頂ければ、ご回答頂いた方の中から
抽選で1名様に日々のガイディング時にサポートデスクに質問を聞ける
ガイドサポートサービスの利用券を進呈します。
もちろんメールアドレスは無記名でもOKです。

回答はコチラから↓
http://www.yamatogokoro.jp/url/guide022_survey.htm

ガイドサポートサービスの内容はコチラ↓
http://www.yamatogokoro.jp/url/guide003_support.htm

□==============================================================■
【3】求人情報 
■==============================================================□

・オープンドア 日本の情報を世界に発信する通訳案内士募集

国内最大級の旅行情報比較サイト「トラベルコちゃん」を運営する
株式会社オープンドアが、世界各国のホテルを検索&予約できる
価格比較サイト「ホテルサウルス」をオープンしました。
この「ホテルサウルス」にてコンテンツを充実させていくため、
日本の観光情報に関するクチコミ記事を書いていただける通訳案内士の方を
急募しています。

<応募条件>

1.英語・韓国語・繁体字・簡体字いずれかでの執筆が可能な方
2.「観光」「グルメ」「ホテル・旅館」いずれかのジャンルに
  精通されている方

<原稿料>

1記事につき2500円(交通費・取材費含む)×15記事程度

※1記事につき、英語で200~400ワード程度(日本語で400~800ワード程度)
※写真も1記事につき、3点程度ご用意をお願いしております
 (ない場合はご相談ください)

<露出>

ご自身のプロフィール・顔写真を掲載 ※ペンネーム・イメージ画像でも可

※個人または法人のサイトやSNSなどへのリンク可
※日本の観光ガイドの検索予約システムへの登録可(今期オープン予定)

<応募方法>

必要事項をご記入の上、まずは下記のアドレスまでメールにて
お問い合わせください。
japanguide@opendoor.co.jp

 必要事項

  ■氏名
  ■年齢
  ■生年月日
  ■住所
  ■電話番号
  ■メールアドレス
  ■保有資格
  ■現在の職業
  ■執筆可能言語 ※下記4言語から複数お選びいただいても構いません
     「英語」「韓国語」「繁体字」「簡体字」
  ■執筆可能エリア
   ※下記7エリアから複数お選びいただいても構いません
     「①北海道」「②神奈川(箱根・鎌倉・横浜)」
     「③愛知・岐阜(名古屋・高山)」「④沖縄」「⑤兵庫(神戸)」
     「⑥石川(金沢・白川郷)」
     「⑦富士山周辺(伊豆・御殿場・富士五湖)」
  ■執筆可能ジャンル
   ※下記3ジャンルから複数お選びいただいても構いません
     「観光スポット」「グルメ」「ホテル・旅館」

【会社概要】
社名:株式会社オープンドア
担当:メディア部 佐野、藁谷(わらがや)
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-5 Daiwa赤坂ビル3階
TEL:03-3586-8738
MAIL:japanguide@opendoor.co.jp

【会社URL】http://www.opendoor.co.jp/
【トラベルコちゃんURL】http://www.tour.ne.jp/
【ホテルサウルスURL】http://www.hotelsaurus.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・オデッセイ 京都市内レンタル着物店での調査スタッフ募集

各国語の通訳ガイド派遣を行っている株式会社オデッセイが
京都での新規事業のための調査スタッフを募集しています。

<業務内容>

京都市内のレンタル着物店(5店舗ほど)を訪問しての体験、聞き取り、
レポート作成

※詳細は京都or大阪にて直接担当からご説明いたします。

ご自身のお客様へのご案内の勉強にもなると思います。

<募集人員>

基本1名(ご友人知人と2名等で分担していただいても結構です)

<調査日程>

2015年4月25日までで、ご自身が空いていらっしゃる日時で行っていただき、
レポート提出の締切もこの日までと致します。

<報酬>

総額予算 60,000円
(内訳想定:報酬40,000円/交通費・レンタル料などの諸経費20,000円)

<応募資格>

通訳案内士の方
業務経験・言語は問いません。(資格をとったばかりの方歓迎)

<応募・問合せ先>

詳しくは 下記担当までご連絡下さい。

株式会社オデッセイ
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10
保谷ビル3F
0422-23-1411
http://www.tour-com.jp/
通訳ガイド関係
http://www.tour-com.jp/guide/
担当:野々山桂  直通070-6697-1973
nonoyama@yume-ya.co.jp

□==============================================================■
【4】先週良く読まれた通訳案内士ニュース Pick Up
■==============================================================□

■ 第1位 バスガイドの虎の巻、京都案内本に 門外不出の内容

都のバスガイドたちによる観光案内本
「右手をご覧くださいませ バスガイドとめぐる京の旅」が出版された。
ヤサカ観光バス(京都市南区)の社内教則本をもとにした異色の観光ガイド。
乗客への語り口調そのままにつづられ、まるで観光バスに乗って旅している
ような気分にさせてくれる。
http://www.yamatogokoro.jp/url/guide02201.htm
(出典: 京都新聞)

---------------------------------------------------------------
■ 第2位 日本通でもこれは駄目!
     今でも苦手な日本食を日本在住の外国人に聞いてみた
http://www.yamatogokoro.jp/url/guide02202.htm
(出典: マイナビニュース)

■ 第3位 「ふじさんミュージアム」開館 山梨
http://www.yamatogokoro.jp/url/guide02203.htm
(出典: 産経ニュース)

■ 第4位 国際線を乗り継ぐお客様を対象とした「おもてなし」プログラム
http://www.yamatogokoro.jp/url/guide02204.htm
 (出典: 成田国際空港株式会社(JNTOより))

■ 第5位 成田空港第3ターミナルが4月8日にオープン、
     当日の記念イベントや記念品配布を発表
http://www.yamatogokoro.jp/url/guide02205.htm
(出典: トラベルボイス)

□==============================================================□
【5】新着サポート情報
■==============================================================■

Q. 築地市場のマグロ競りを小さな子供連れで見学することは可能ですか?

A. 築地市場の公式ウェブサイトによると、「乳幼児およびベビーカーを伴う入場はご遠慮下さい」と記載されています。マグロの競りではなく、9時から立ち入りが出来る「場内」について乳幼児の入場の可否を築地市場の管理課に問い合わせたところ、「禁止という決まりはないが、……

http://www.yamatogokoro.jp/url/guide02206.htm

---------------------------------------------------------------
Q. 龍安寺の石庭裏のつくばいにある、吾唯知足の意味を教えて頂けますでしょうか?

http://www.yamatogokoro.jp/url/guide02207.htm

---------------------------------------------------------------
Q. 都内で日本の名所などの風景のポスターを売っているところを教えてください

http://www.yamatogokoro.jp/url/guide02208.htm

---------------------------------------------------------------
Q. 浅草の伝法院庭園の特別公開の情報を教えてください

http://www.yamatogokoro.jp/url/guide02209.htm

■==============================================================□
【6】編集後記
□==============================================================■

〜Made in Japan〜

普段は通訳ガイドの現場に出ることは少ないのだが、先日は久しぶりに
米国人ご夫婦を一週間ほどアテンドさせて頂いた。
今回のツアーは関東の温泉地巡り。観光はそこそこで、早めに宿に入り、
温泉と食事をのんびりと満喫するという贅沢な旅行だった。
ゲストは大の日本食ファンで、一週間全て和食だったが、食事の席で
ほぼ毎回聞かれたのは、「この食材は地元産?」という質問。
せっかく地方に来たのだから、それぞれの地元の食材を楽しみたいというのが
質問の趣旨だったのだが、残念ながらほとんどの場合、お店や旅館の方に尋ねても即答は得られなかった。

外国人観光客がショッピングにおいて、日本製の商品にこだわるのは良く
知られており、最近は店頭で「Made in Japan」とPOPなどでアピールしている
ケースも目にする。また新聞報道によると、国内化粧品メーカーなどは
訪日客をターゲットとした国産商品の増産に踏み切る模様だ。

同様に、これからは食材の産地についても、外国人観光客の誘客策として
取り組んでいく価値があるのかもしれない。そうすることが、地産地消や
食料自給率の改善に少しでも寄与することになれば尚良い。
(赤)