通訳案内士メルマガ バックナンバー

通訳案内士メルマガ バックナンバー

桜の季節に訪日が多い国はどこ?! 2019年の観光需要を予測、市場別の人気観光地にも違い 

f:id:keisukemurayama:20190409095746j:plain

いつも「やまとごころ通訳案内士通信」をご購読いただき、誠にありがとうございます。 
今週もニュースやイベント情報、セミナー情報などのお役立ち情報をお届けいたします。 

==============================
【1】先週良く読まれた通訳案内士ニュース 
==============================
■ 第1位 桜の季節に訪日が多い国はどこ?! 2019年の観光需要を予測、市場別の人気観光地にも違い 
アウンコンサルティング株式会社は、各国の訪日数や検索数をもとに、2018年の年間動向および今年4月の桜の季節における訪日トレンドを発表した。訪日客の大きな割合を占めるアジア、これからターゲットとすべき欧米、オセアニア圏、ヨーロッパ圏の動向を分析。2018年4月に訪日した外国人客を市場別にみると台湾、タイやフィリピン、ベトナムといった東南アジアと、インド、フランスが多いという結果になった。 
(出典: やまとごころ) 

■ 第2位 新元号「ゆかりの地」アピール 福岡・太宰府、脚光に期待 
(出典: 琉球新報) 

■ 第3位 欧州の富裕層が最も訪れたい旅行先に日本が選出、豪州などを抑えて受賞 
(出典: やまとごころ) 

■ 第4位 「小江戸」「江戸の台所」と呼ばれるのはなぜ? 川越城(1) 
(出典: 朝日新聞デジタル) 

■ 第5位 2019年1月インバウンド宿泊者数830万人泊。都道府県別伸び率トップは福島県で142.5%増 
(出典: やまとごころ) 

==============================
【2】イベント・セミナー情報 
==============================
通訳案内士のための日本酒の基礎【6月7日/申込締切5月23日】 
近年、和食の世界的な浸透に伴い、関心が高まっている「SAKE」。来日される外国人旅行者からも、食事の席やお土産を買う際に、日本酒について質問を受けた経験を持つ方も多いかと思います。 
そこで、本講座は日本酒造組合中央会「日本の酒情報館」今田周三館長を講師にお迎えし「通訳案内士として、これだけは知っておきたい」という、通訳案内士に最低限必要な日本酒に関する知識をご講義頂きます。 
更に、講義の後に様々なタイプの日本酒5種類を利き酒いただく予定です。 
▼詳細はこちら 
https://www.yamatogokoro.jp/tsuyaku_guide/event/2019/06/07133000.html