通訳案内士メルマガ バックナンバー

通訳案内士メルマガ バックナンバー

駅の券売機で戸惑う外国人 意外に難しい「基本動作」とは 

【やまとごころ通訳案内士通信Vol.155】

f:id:keisukemurayama:20190813141319j:plain

==============================
【1】先週良く読まれた通訳案内士ニュース 
==============================
■ 第1位 駅の券売機で戸惑う外国人 意外に難しい「基本動作」とは 
2019年の6月から7月頃、「日本に来た海外の人が高確率で驚くこと」という動画が、SNSで拡散された。 
(出典: Jcastニュース) 

■ 第2位 東京都、多摩・島しょ地域のインバウンド向け体験型旅行商品を販売  
(出典: やまとごころ) 

■ 第3位 新幹線京都駅構内、今秋改装へ 来年には改札前と改札内にスタバ 
(出典: 京都新聞) 

■ 第4位 2019年上半期のインバウンド消費額前年同期比8.8%増の2.4兆円、年内5兆円超えなるか!? 
(出典: やまとごころ) 

■ 第5位 2018年の京都観光の最新動向を発表、イタリア・ドイツなど欧米圏のインバウンド宿泊客が増加 
(出典: やまとごころ) 

==============================
【2】求人情報 
==============================
【ノットワールド】《2019年第6ー8回新人ガイド研修@東京》参加者募集 
KNOT WORLDは、外国人観光客向けのツアーを展開している会社です。 
築地・砂町・浅草・京都を中心とした食べ歩きツアーや、少人数グループのゲストを対象としたプライベートツアーが好評で、2018年の1年間で、私たちがご案内したゲストの数は約12,000人となりました。 

自分が旅行に行ったら、どんなガイドに案内してもらいたいですか? 
私たちは、「ゲストへの愛」「ガイドする場所への愛」が、ガイドには大事だと考えています。 
日本旅行を「心からゲストに楽しんでもらう」ために、スタッフとガイドが一丸となって日々真剣に試行錯誤しています。 
ガイドは、ベテランの方々だけではありません。2019年に資格取得した方々も、複数活躍されています。 

今回の研修では、私たちが、日々本気で考え、実践している「ゲストの方に楽しんでもらえるツアーのエッセンス」を出来る限りお伝えしようと思います。 
私たちは資格の有無は問いません。 
この研修は採用をお約束するものではございませんが、「想い」の共有できる方とは、次のステップも共有できることを期待しています。 
ご興味のある方は、是非お気軽にご連絡下さい。ご連絡をお待ちしております!! 

【研修概要】 
□日程 
第6回 2019年 7月29日(月)8時~17時 
第7回 2019年 8月29日(木)8時~17時 
第8回 2019年 9月19日(木)8時~17時 
□会場 
午前:築地市場 
午後:座学(場所は回によって変わります。参加者に追って連絡します) 
□1日の流れ 
8:00~10:00 築地ウォーキングツアー(通常のコースをご紹介します) 
10:30~12:00 KNOT WORLDの紹介、ガイドにもとめられていること 
12:00~13:00 昼食 
13:00~17:00 ガイドが話すべき内容 
*ケーススタディ(物事を楽しく伝える、ゲストからの困った質問に対してどう答える、こんなシチュエーションではどう対応するか) 
□参加費  
10,000円(税込) 
*含む:研修費・昼食 
*交通費は含まれません。(築地から移動します) 
□募集人数  
各回15名(ガイド資格の有無は問いません) 
□締め切り  
開催1週間前 
▼詳細はこちら 

==============================
【3】イベント・セミナー情報 
==============================
ガイド通訳フランス語で街歩き 皇居前広場&皇居東御苑編(アンコール)【9月8日/申込締切8月20日】 
訪日観光客が求めていることを外国人の視点から教える、現役ガイド、ルグラン先生の人気講座。今回は建築の専門用語や江戸幕府、皇室などの歴史的・文化的知識も必要とされる、難関「皇居前広場&皇居東御苑」編です。実践演習回となりますので、事前課題(原稿)を提出。添削返却後に、正しい仏語でプレゼンを準備。当日は実際に訪日観光客に案内するように、仏語でシュミレーションを行う回となります。他の参加者のガイドの様子が参考になるのと同時に、ご自身のガイディングを見直せるのも魅力です。 
▼詳細はこちら 

「浮世絵の素顔に迫る」~知られざる浮世絵の世界~第三弾9月13日/申込締切9月2日】 
ガイディング中に時代背景の説明で必須なのは江戸時代後期から明治維新にかけてですが、その情景を細かく描写している浮世絵については今まであまり関心が向けられていませんでしたが近年、国内の浮世絵展が増えており海外でも北斎が人気で、浮世絵に対する関心が高まっています。通訳案内士として今後浮世絵に関する知識は必至です。今まで浮世絵に対してあまり馴染みのない方を対象に発生初期から海外に多大な影響を及ぼしたジャポニズムまでの歴史的変遷を日本女子大学名誉教授・国際浮世絵学会常任理事の及川茂先生にご講義して頂きます。 
▼詳細はこちら