通訳案内士メルマガ バックナンバー

通訳案内士メルマガ バックナンバー

緊急事態宣言解除を受け 消費者の旅行再開への意識は? 観光協会による支援の動きも

【やまとごころ通訳案内士通信Vol.191】

f:id:keisukemurayama:20200602083514j:plain

===============================
【1】やまとごころニュースpick up
===============================
緊急事態宣言解除を受け 消費者の旅行再開への意識は? 観光協会による支援の動きも
5月25日、日本国内全ての地域で緊急事態宣言が解除された。人々の生活は徐々に日常に戻りはじめ、店舗再開の動きもみられている。そのような状況下での観光に関わる業界の1週間の動きをお届けする。

緊急事態宣言解除に向けて観光業界のガイドライン続々と出揃う、日本政府 入国制限を3段階で緩和の方向で調整
先週14日、日本でも観光業界のコロナウイルス対応ガイドライン(第1版)が出そろい、国内でも緊急事態宣言解除に向けての動きが活発化し始めた。

2020年4月全国百貨店売上72.8%減、海外渡航者の入国制限拡大に伴いインバウンド売上わずか5億円に
日本百貨店協会は22日、4月の全国百貨店売上高の概況を発表した。4月の売上高は前月よりさらに39.4ポイント減の72.8%減となり、1965年1月の統計開始以降、最大の減少となった。新型コロナウイルス感染拡大で、4月7日には7都府県に発出された緊急事態宣言が16日には全国に拡大し、営業自粛がさらに広がる結果となった。外出自粛も一段と強まり、入店客数も8割弱減と大幅に減少した。また、地区別では大都市が地方都市よりも減少率が大きく11.8%減となり、その差は前月よりも1.9ポイント拡大した。

トリップアドバイザー世界6カ国の旅行者にアンケート、6割以上が旅行を重要視。行き先決定の基準は国ごとに差も
世界最大の旅行プラットフォームを運営するトリップアドバイザーが、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行による旅行者の意識の変化についてアンケート調査を行い、結果を発表した。調査は2020年4月に、日本をはじめアメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア、シンガポールの計6カ国において過去12カ月間に旅行を経験した意思決定者を対象に実施、各国約400の回答を集計したもの。

その他ニュースはこちら

===============================
【2】セミナー・イベント情報
===============================
やまとごころ アフターコロナの観光・インバウンドを考えるVol.8
「世界一幸福な国フィンランドの観光戦略 ~ライフスタイルで世界を惹きつける秘訣とは?~」

6月5日(金) 16:00~17:00《オンライン》

NPO日本文化体験交流塾(IJCEE)「新人研修」
説明会:6月13日(土)、6月26日(金)、7月4日(土)《東京都》
研修「関東Eコース」:7/11(土)~7/25(土)

全日本通訳案内士連盟(JFG)「通訳案内研修」
7月1日(水)~7月7日(火)《オンライン》

True Japan School株式会社「国内旅行業務取扱管理者試験講座」
開講中。9月30日まで《オンライン》

===============================
【3】お知らせ
===============================
緊急事態宣言解除 インバウンドへの取り組みに関するアンケートご協力のお願い
やまとごころでは、新型コロナウイルスがインバウンド業界に与えた影響を把握するため、3月にアンケートを実施し、多くの皆様にご回答いただきました(第1回結果はこちら)。
この度、全国の緊急事態宣言も解除されたことを受け、第2弾のアンケートを実施いたします。ぜひ皆さまの状況・ご意見をいただけますと幸いです(回答募集期間:6月8日まで)

インバウンド業界 コロナサポートセンター
コロナ関連ニュースはもちろん、各所から発信されているリカバリープランや、コロナショックにより助けが必要な会社等の情報を紹介しています